2013年10月26日

傷の治りが遅いです

手術前に、キュート女医が、説明してくれました。
「傷跡を小さくする為に、ギリギリまで小さく切ります。最小限だけ、切ります」。

こういう気遣い。
女性らしいよなぁ。

男の医者だったら。

どーせババアだし、結婚してるし。
傷跡なんて、気にしなくていいだろ。
でっかく切っちゃろ。
ジョキジョキ。

とかなっちゃうのかどうかは、知らんが。
そうなっても、別にいいちゃあ、いいんだけどさ。

それでも、勝手に決め付けられるのは、不愉快よねぇ。

大きく切りますか。
小さく切りますか。
メリットデメリットを説明して、自分で選ばせて欲しい。

んで、今回の、小さく切るデメリット。
切り口が小さいと、切る深さが、深くなっちゃうんだってぇ。

その結果。
傷の治りが、遅くなります。

ついでに、私の場合。
雑菌に感染しちゃって。
傷口が、化膿してしまったよー。

膿を取り除いたら。
傷口が、ぽっかり穴みたいになってやんの。
てゆーか、穴がぽっかり、空いてやんの。

鏡で見て、叫んじゃったよ。
あひゃああああ!
『ヘタリア』のフィンランド君風に。


いやあ。
人間の皮膚って、結構、分厚いのね。

そんでもって。
体に中々な穴が空いても、命に別状無いのね。

体を張って、学んだわよ。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村
ラベル:手術
posted by ちをみん at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 良性腫瘍への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

良性でした

安心したああぁ。

手術前に、コメント下さった方。
て、一人しかいないけど。
ありがとう。
凄い勇気出たし。

さてさて。
悪性か良性か判明する、審判の日。
じゃなくて、診察の日。

名前を呼ばれて、診察室に入った。
なんか、ドナドナの牛の気分。

キュート女医は、開口一番、「じゃあ、傷口見せて下さい」。

え?
そっち?
そんなの、どーでもいいんだけど、個人的には。

ベッドに横になって、傷口見せます。

以前も、書きましたが。
キュート女医は、顔は深津絵里。
声と話し方が、『進撃の巨人』のクリスタ・レンズ。

傷口を見つめながら。
あの声と話し方で、「んーと、困ったなぁ、どうしよう」。
可愛らしく、ブツブツ呟いてるんだわよ。

生きた心地が、しなかった。
美人が思い悩んでる姿は深刻度が増す、の法則ですよ。

傷口診終わった後。
カルテに真剣な顔で、カリカリカリカリ、書き込み続けてるの。

だめなんか。
もう、駄目なんか。
いやあぁああ。

ハラハラドキドキしてたら。
キュート女医が、フッと顔を上げて、言いました。

「あ、そうだ。検査の結果。良かったですよ」。

もうね。
完璧に、忘れてた。
何となく、思い出しちゃったわ。
そんくらいな、ふんわり緩〜い感じ。

はあぁ?
先に言ってよ、それ。
何を置いても、真っ先に言ってよ。

いくらなんでも、アッサリし過ぎじゃないですかい?
夫に、プチ愚痴ってみました。

夫の返答。

「あのなあ。医者ってのは、末期や修羅場を、山ほど見てんだよ。悪性だったら、伝え方に、頭も気も回すんだろうけどさ。命に別状無い、命に関わる危険性の無い患者への気遣い度は、そりゃ低くなって当然だろ。そんな配慮や気遣いは、もっと重篤な患者の為に、使うんだよ。医者だって、人間なんだからさ。そうでもしなきゃ、やってらんねーよ」。

だよねー。
納得しましたわ。

あ、ところで。

キュート女医が、傷口診ながら、ブツブツ呟いてた理由。
「思ったより治りが遅いー、なんでー、どーしよー」。
だ、そうです。

知らんがな。

ラベル:病院 医者 手術 傷口
posted by ちをみん at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 良性腫瘍への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

キュート女医

>私の担当医。
>『病院へ行こう』の薬師丸ひろ子みたいな、キュートな女医さん。

なーんて、以前、書いた。

薬師丸ひろ子に似ているわけでは、ありません。
んとね、顔は、深津絵里に似てる。
可愛い系と言うより、綺麗系。

【送料無料】LEE (リー) 2009年 08月号 [雑誌]

【送料無料】LEE (リー) 2009年 08月号 [雑誌]
価格:600円(税込、送料込)


声が、可愛いの。
そして、声以上に、話し方が、えらく可愛い。

『進撃の巨人』で、例えると。
クリスタ・レンズみたいな感じ。


さすがに、そこまでは、可愛くないけど。
あくまでも、イメージね、イメージ。

見た目のクールビューティーさと、話し方のギャップ。
そこが私は、面白いと感じるんだが。

夫には、若干、不評。

「確かに美人で、人当たり良くて、感じいい。だけど、話すと、物凄く頼り無い。あの先生が、執刀するのか? 大丈夫なのか?!」。

失礼ぶっこいた事、言ってましたよ。

話し方の頼り無さ度と、医師としての腕って。
あんまり関係無い、と思うんだけど。

夫の父は、昔風味の堂々系医師。
なので、それと違うタイプの医師には、違和感を感じるのかしら。
とか、思ったりする。

義理親の悪口は、あんま言いたくないんだが。

ハッキリ言って。
私は、舅に診察されたくない。

良く言えば、威風堂々。
頼り甲斐ありまくり。
任せておけば、安心感たっぷり。

その反面。
超絶偉そうで、上から目線。
人の話を聞く気が、更々無い。

言いたい事言えない、聞きたい事聞けない。
そういうのって、すんごいストレスになりそう。

舅は今は、そこそこの規模の病院の、院長やってるんで。
患者様の診察するのかは、知りませんが。

ざっくばらんで気さくな医師が、私は好きですぅ。

posted by ちをみん at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 良性腫瘍への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

豆狸のいなり寿司

まめたぬき、ではなくて。
まめだ、と読みます。

豆狸のおいなりさん
http://www.hankyu-delica.co.jp/product/mameda.html

今通ってる、総合病院。
車で15分。
電車で行くと、1時間。

田舎って、こういうこと、あるよね。
都会みたいに、網の目のように、公共交通機関が発達してないからさ。
電車使うと、迂回して、遠回りになっちゃうわけ。

どー考えても。
車で行くのが、楽なんだけど。

駐車場が、狭いし。
病院も、「公共交通機関のご利用にご協力お願いします」と、お願いしてるし。

大変に面倒だけど、電車で通ってます。

しかもうち、駅から遠い。
最寄り駅まで、徒歩20分かかる。

駅周辺の住宅街と、私が住んでる住宅街。
家の値段が、1000万単位で、違う。

駅近で便利な生活したければ、1000万円余計に払わなければならない。
むぅりぃ。

貧乏人は、歩け歩けー。

そんなトホホな病院通いの、ささやかな楽しみ。
病院帰りにターミナル駅で買う、豆狸のいなり寿司。

甘味が絶妙で、美味しいのー。
種類も色々あって、楽しいのー。

こんくらいのご褒美がなきゃ、やってらんねー。



にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村
posted by ちをみん at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物絡み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

手術前にしといて良かった事

脇の永久脱毛と、歯の治療。

手術を見越して、やってたわけじゃなくて。
たまたまやってたのよ、たまたま。

それでも。
やってて良かった。
心の底から、安堵したのさ。

自分、Good Job!

どうして、良かったのか。
理由を教えて進ぜよう。←偉そう

まず、永久脱毛。

私の場合。
胸を切開するのでね。
切開する側の脇の毛を、剃っておくんだって。

永久脱毛してるので、剃る必要、ありまっせーん。

看護師さんが、剃ってくれるのか。
剃刀を渡されて、自分でショリ処理するのか。
どっちかは、分んないけど。

入院なんて。
ただでさえ、テンションだだ下がってるのに。
やらなきゃならない必要事項なんて、1個でも少ない方がいい。

次に、虫歯治療。

歯についての、医師の説明。
全身麻酔の手術では、口に管を突っ込む事が、あるんだってさ。

治療中の歯が、あると。
奥歯なら、ノープロブレム。
前歯だったら、欠ける、可能性がある。

そして、治療中であろうと、なかろうと。
グラグラしてる歯は、抜ける、可能性がある。

医師は、「可能性がある」という、控え目な表現してるけどさ。

ど素人の私が、言い切るよ。

虫歯を、きちんと治療しておかないと。
全身麻酔の手術になった時。
歯が、欠けたり、抜けたりするよ。

こんくらい、言い切らないと。
歯の治療行かない人、多いでしょ。

病気じゃないから、大丈夫?

あのさあ。
今から30分後に、暴走車に突っ込まれて。
1時間後に、全身麻酔の手術。

とんでもない不幸に見舞われる可能性って、誰にでも平等にあるんだよ。
1分先の未来だって、人間には、見えないんだからさ。

虫歯を放置しまっくてる、そこのあなた!←誰?
今直ぐ、歯医者に電話して、予約取って下さい。

次の休み、だの、明日、だの。
そんなんじゃ、駄目。
今よ、今、この瞬間よっ。

術後。
全身麻酔の、麻酔が切れて。
傷口の痛みだけでも、憂鬱なのに。

歯は、痛いわ。
飯食えなくて、回復遅れるわ。
余計な苦痛まで、背負い込むことになるよ。

そんなの、嫌でしょ。

posted by ちをみん at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 良性腫瘍への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

差額ベッド代

手術、終わったー。
呪術。
じゃなくて、手術自体は、なんてことなかった。

麻酔かかって、アッという間。
その後の、絶対安静が、辛かった。

午前中に手術して、午後から、動けます。
動いてもらいます。
て話だったのに。

這ってでも、動く気満々だったのに。

明日の朝まで、動いちゃ駄目って。
話が、違ーう。

んで、まあ、それは、置いておいて。

入院前に、部屋のタイプを、選ばされます。

-------------------------
6人部屋、割増料金無し
4人部屋、4000円
個室、トイレ無し、5000円
個室、トイレ有り、10000円
個室、トイレ、シャワー有り、12000円
-------------------------

正確には、割増料金じゃなくて、差額ベッド代って言うんだけどね。

私の担当医。
『病院へ行こう』の薬師丸ひろ子みたいな、キュートな女医さん。

【送料無料】病院へ行こう [ 真田広之 ]

【送料無料】病院へ行こう [ 真田広之 ]
価格:3,157円(税込、送料込)


声がアニメ声で、とっても可愛い。
まあ、そんなことは、どーでもいいんだが。

そのキュート女医が、「二泊なので、個室がいいですよ」と、おっさるわけ。
素直に従って、個室にしました。

つーかさ、[4人部屋、4000円]。
これは、わたし的には、あり得ない。

割増料金は、プライバシーを守るために、払うもの。
あくまでも個人的には、そういう認識と感覚。

個室じゃないのに金払うなら、6人部屋にする。

しかも、個室と1000円しか、金額の差がないってのも。
どーにも釈然としない。

4人部屋、1000円。
個室、5000円。
そのくらい、差があるなら。
4人部屋も、選択候補に入るけどさ。

で、一番安い、5000円の個室を、希望したわけです。

患者の病状によって、希望したからって、必ずその部屋に入れるとは、限らない。
そう、説明書きが、あった。

そりゃそうよね。
ホテルじゃないんだから。

絶対。
とまでは、言わないけど。
かなり、個室希望。

だもんで、そこが空いてなかったら、10000円の部屋にして欲しい。
念の為、第二希望まで、伝えておきました。

病院側は、「大丈夫、(5000円の部屋が)空いてます」と、言ってたんですがねぇ。

入院当日。
案内されたのは、5000円ではなく、10000円の部屋。
話が、違ーう。

まあ、でも、急患とか、入っちゃったんかね。
しょうがないねぇ。
潔く、諦めたよ。

でも、これが、却って良かった。
トイレ無くてもいい、と思ってたけど。
あって良かったよー。

結果オーライさー。
ラッキー♪

その時、しみじみ、考えた。

話し相手が欲しいから、大部屋希望。
個室は寂しいから、大部屋希望。
大部屋にして、浮いたお金を、趣味に使うとか、美味しいもの食べるとか。

前向きな理由で、大部屋を選ぶのは、いいと思う。

個室にしたいのに、お金が無くて、仕方無く、大部屋。
そういうのは、嫌だなぁ。

病気の時って、ただでさえ、気持ちが落ち込んでるのにさ。
病気以外の事柄で、気持ちを煩わせたり、心が折れたり。
凄い惨めで、悲しくなっちゃう、きっと。

そういうストレスって。
病気の治癒を、とっても妨げる、はず。

という訳で。
差額ベッド代くらいは、快く払える。
夫の経済力に、一応うっすらと、感謝しときました。

posted by ちをみん at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 良性腫瘍への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする