2013年12月26日

捨てシーズー預り日誌2

ぬいぐるみに埋もれる、シーズーちゃん。
ちょー可愛い。

131223y

猫さんぬいぐるみを乗せてみた。

131223z

ちょー怒ったがなー。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬預りボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

捨てシーズー預り日誌1

タッチ交代した、預りさん宅で。
コギ男君は、とってもいい子でした。

そちらのお宅で飼われた方が、コギ男君の幸せの為には、宜しいだろう。
という流れに、なりましてね。

コギ男君は、前の預かりさん宅へと、バックブリーカーしました。

血の繋がった、駄目親。
血の繋がらない、優秀な親。
どちらに育てられるのが、子供にとって、本当に幸せか。

みたいな、話です。
ちょっと違うか。

代わりにやって来た、シーズーちゃんでーす。

131223

虚ろなお目目で、ガタガタ震えてます。
大丈夫か、おい。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村



posted by ちをみん at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬預りボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

捨てコーギー預り日誌70 コーギー&猫

コギ男君のケージの上に乗る、猫。
猫が、置物みたい。

131219

コギ男君は、牛のアキレス腱を、必死こいて食ってる最中ざます。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「奴隷」になった犬、そして猫 [ 太田匡彦 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/5/24時点)


posted by ちをみん at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬預りボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

野さか@秩父

秩父名物、らしい。
知らなかった。
豚みそ丼を食べました。

野さか
http://www.butamisodon.jp/

一番人気の定番メニュー。
豚みそ丼の並盛、850円。

131215野さか2

お新香の左隣の、緑色の物体。
きりわさび、100円。

涙が出るほど、辛いです。
爽やかに、強烈に、辛いっ。
脂っこいお肉が、スッキリさっぱり、頂けます。

辛いもの好きな人には、お勧めです。

卓上には、山椒と七味も、あります。
こちらもまた、風味が変わって、美味しいです。

スタンダードな豚みそ丼は、バラとロース、両方入ってます。

こちらは、ロース丼。
ロースのみ。
1100円。

131215野さか1


バラのみのバラ丼、ってのも、ありました。
こちらは、売り切れてた。

ロースとバラ、どっちが美味しいか。
これは、完全に、好みですね。
私は、ロースのが、好き。

1枚だけなら、バラのが、旨味があるのよ。
枚数食べると、脂身がねぇ。
重くなってくる。


にほんブログ村
posted by ちをみん at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物絡み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

捨てコーギー預り日誌69

山とコギ男君。

131215

富士山が、とっても綺麗に見えました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬預りボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

癌は遺伝するのか?

遺伝も、関係は、あるみたいだけど。
実際問題。
どのくらいの確率で、遺伝するもんなのかねぇ。

癌が、100%の確率で、遺伝するなら。
もっと癌治療は、進んでる気がする。

それに、直系尊属に癌患者がいる人は、自分の子が生まれた時点から、あらゆる手立てを尽くすはず。

経済的な事から、生活習慣から、こまめな検査から。
あれやこれや、色々と。

自分の子は将来、絶対に癌が、発病する。
そう、確定してるんだから。

人間は、確実に起こる災厄に関しては、かなり完璧に備える生き物だもん。

そもそも、致死率の高い遺伝病って。
存在自体が、矛盾してるような気が、するんだよね。
世代間移行が、出来ないもん。

ウイルスや細菌が、容赦無く宿主を殺すのは、感染して宿主を替えられるからでしょ。

寄生虫だって、中間宿主は、容赦無く殺すけど。
最終宿主は、そう簡単に、殺さない。

癌細胞は、感染も伝染も、出来ないんだからさ。
宿主殺しちゃったら、自分も終わるじゃん。
癌細胞ってば、虫以下の低脳っぷり。

それを殺したら、自分も死ぬ。
平気で躊躇(ちゅうちょ)無く、命綱をぶった切る。

そーゆーのって、何て言うんだっけ。
デカダンス?
カタルシス?

癌細胞と、話が、出来るなら。
どういうつもりなのか?
一体全体、何を考えているのか??

とっても、問い詰めてみたい。

「滅びこそが、美学なのよ」。
シレッと、答えられちゃったりしそうで。
ジワッと怖い。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 良性腫瘍への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

癌細胞は敵なのか?

乳癌ではない、と判明してから。
癌について、ちょっくら、調べてみました。

知れば、知るほど。
癌というのは、不思議な現象だと、感じました。

てか、これって、病気なのか?

病院で、処置するから。
病気、という設定に、なってるんだろうけど。

ウイルスや細菌は、外からやって来る。
明らかに、外敵。
迎撃して攻撃して、抹殺殲滅全滅。

それでいい。
それしかない、と思うのです。

癌細胞は、外から来たものではない。
自分の中で、できてしまうもの。

私が考える、癌細胞のイメージ。

同じ親(肉体)から、生まれて。
全く同じに育てられた、兄弟(細胞)達なのに。
何故か一人だけ、凶暴(癌)化して、他の兄弟達を襲い出す。

次々と殺されていく、まともな兄弟達。
このままでは、母親(母体)まで、殺されてしまう。

仕方ないから、凶暴化した子供を殺す。
そん時、まともな子供も、巻き添え食って死んじゃう。

でも、しょーがないの。
こーするしかないの

自分が生んで育てた子を、敵認定して攻撃。
それだけが、正しい道なんだろうか。

別に私は、抗癌剤や放射線治療を、否定してるわけではありません。

自分が、癌になって。
それらの治療をすれば、命が延びるなら、やるに決まってる。

それでも。
癌と闘う、叩き潰す、抹殺する。
という行為って。

凶暴化した自分の子供と闘う、叩き潰す、抹殺する。
てのと、どう違うのかが、よくわからない。

そういう考え方も、やはり、あるみたいで。

自分が作り出した存在に、命を奪われるなら。
それも、天命。

一種、悟りのような境地に至り。
無治療、という道を選ぶ人も、いるそうです。

それも、必ずしも、間違いではないと思う。

普通、病気は、なったら問答無用で、治療するでしょ。
癌だけは、「治療する・しない」。
まず、その段階から、考えなければならない。

そこからして、かなり異質。
一筋縄ではいかない現象だなぁ、と戦慄します。

全く、医学的な知識の無い。
私の勝手なイメージ。

癌細胞に、命を奪われる現象って。
家庭内暴力を振るう子供に、殺されるのと、同じ印象。

いや、親の育て方が悪いとか、親に責任があるとか。
そういう事を言ってるんじゃないですよ。
責任だの原因だの、そういうのは、ブン投げておいて。

自分の作り出したものに、殺される。
そういうイメージなんです。

それって、自殺でも他殺でもなく。
なんていうんだろう。
とにかく、不思議としか、言い様がない。

もっと観念的に例えると。
人間が、神を殺すような、と言うか。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 良性腫瘍への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

HIV陰性だった

手術前には、色々と検査をします。

て、お前、まだ手術の話を引っ張るのか。
てな感じですが。

ええ、引っ張りますとも。
こんだけ無駄に、長生きしてて。
入院して手術なんて、初めての経験だったもの。

面白かった。
と言うと、語弊があるけどさ。

いい経験だったか、悪い経験だったか、つーたら。
間違い無く、いい経験でしたし。

血液検査に、尿検査は、デフォとして。
肺活量なんてのも、調べた。

何を、何の為に、どうして、調べるのか。
疑問は、あった。
でも、ひとっつも、質問しなかった。

必要だから、やるんでしょ。
それでいいよ。

んがっ。
HIVの検査だけは、承諾書を書かされる。

HIVの検査しちゃってオッケー?
的な書類に、「イエス、オッケー!」と署名するの。

て、嘘嘘。
そんな軽いノリじゃねーです。
もっと固い、真面目な文章の書類ね。

なんで? どうして?
調べられるものは何でも、勝手に調べりゃいいさ。

梅毒でも、淋病でも。
壊血病でも、脚気でも、くる病でも。
調べて陽性だったら、教えてくれればいいさ。

どうしてHIVの検査だけ、こんな大仰なの?

まあ、エイズってのは、多方面で難しい病気っぽい印象は、ある。
差別とか、偏見とか、治療法とか。

勝手に調べると、人権侵害的な事態になるのかしらん。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 良性腫瘍への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

乳癌と糖尿病

乳癌の疑いが、あった時分。
癌関係の情報は、一切、遮断してました。
「良性腫瘍の特徴」

一方、糖尿病の疑いが、持ち上がった時。
「結局縫いました」

即効インターネットで、糖尿病について、調べました。

戦える相手の情報は、欲しい。
戦えない相手の情報は、要らない。
きっとビビって、動けなくなっちゃうから。

癌が、戦える敵か、戦えない敵か。
世間一般の常識や認識は、関係無い。

私が、戦う気力を持てるかどうか。
それだけが、大問題なのよ。

んで、真っ先に参考にしたのが、厚生労働省のサイト。

糖尿病ホームページへようこそ
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/tounyou/

ここの、[糖尿病をチェックしてみよう]の項目。

ある程度の年齢になると。
大抵の項目が、気のせいも含めて、当てはまるような気が、するんだが。

絶対に、当てはまってない。
胸を張って答えられる項目は、これだけ。
「食べても食べてもやせる」。

食べたら、食べた分だけ。
しっっかり太るわあ。
これって、健康な証拠なのねん。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

糖尿病治療ガイド(2016-2017) [ 日本糖尿病学会 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2017/11/27時点)



にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村
posted by ちをみん at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 良性腫瘍への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

捨てコーギー預り日誌68

大変永らく、お待たせ致しました。
捨て犬の預かりボランティア、再開しまーす。

え、誰も待ってない。
あっそう。
そんな気は、してたわよ。

帰って来た、コギ男君。

131204

いきなりケージの中で、思いっ切り足上げて、大量にオチッコしました。
ひゃああああぁ。

二時間前くらいに、おしっこしたばっかりのはずなんだけど。
まだ出るのかなぁ。

散歩に行ったら、二回おしっこしました。

せっかくケージに、タオルと毛布を敷いてたのに。
オチッコまみれ。
ふえーん。

捨てるつもりだった布団カバーを、クローゼットで発見。
お、こんなのあった。
これ敷いておこ。

それが、↑の写真の、青い水玉模様の物体。
くっしゃくっしゃに、丸まってます。

それにも、おしっこしちゃったよー。
えー、なんでー?

うちに戻されたのが、気に入らなくて。
嫌がらせかしらん。

壁におしっこかかると、いやーん、なので。
ダンボールで、防御しました。

つかさ、床の色を白にして、良かったよ。
犬のおしっこの黄色が、良く見える。
掃除しやすいっすよ。


にほんブログ村 
にほんブログ村

posted by ちをみん at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬預りボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする