2016年04月26日

シーズーの顔

動物愛護団体の捨て犬預かりボランティアで、シーズーちゃんを預かってから。
ペットショップを通りかかると、シーズーを見るようになった。

なんか、うちの子と。
顔とか色々と、何かが違う。



1510cafe1.JPG

ちょっと目が、きついような。
そんな気がするのは、気のせいかしら。

やっぱ、捨てられて、苦労したからかなぁ。

シーズーは、お値段も、素晴らしい。
10万から20万円くらい。

30万円近く、ぼったくる。
じゃなくて。
そんくらい、高額な値段付けてる所も、あった。

ひたすら繁殖させて売るだけだと、儲かるんだろうなぁ。

この子も、子犬時代。
それくらいの値段で、ペットショップもしくはブリーダーで、売られてただろうに。

それが、捨てられ。
殺処分寸前、だったかどうかは、不明ですが。
動物管理センターから、救い出され。

流れ流れて。
プチ貧乏な我が家へ。

不憫だわぁ。

この子を捨てた飼い主。
今、どうしてるんだろう。
シレッと、新しい犬飼ってたりして。

諸行無常だねえ。

この子を産ませた人間。
ブリーダーだか、親犬の飼い主だか、知らないけど。

今、どうしてるんだろう。
相も変わらず、シーズーを繁殖させてるんだろうなぁ。

可愛いシーズーの赤ちゃん、産まれました。
すくすく育ってまーす。
かわいいでしょー。
格安でお譲りしまーす。

なーんて、能天気に、ネットに書いてるんだろうなぁ。
切ないのお。

捨てた馬鹿と、捨てるような人に売った馬鹿。
あ、馬鹿なんて言って、ごめん。
本音が、出ちゃったよ。

まあ、その、人間共。
この子に、謝って欲しいよ。

なーんてのは、無理無理。

そんな心が、あったら。
捨てたり、安易に繁殖させたり。
最初からしないわな。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬預りボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

全ての捨て犬猫を救うのは不可能

全ての殺処分される犬猫を助けるのは、不可能でしょ、クスクス。

なんてこと言ってくれる馬鹿。
じゃなくて。
意地悪な人、いるわよね。

一理あると、認めます。

だけどさあ。
人でも、動物でも、地球でも。
本気で確実に、何かを救おうと行動する場合。

合理的な判断と、現実的な取捨選択。
この2つが、絶対に必要。

その過程での、冷徹で冷酷な決断。
これだけは、どうしても避けられない。

「可哀想だから」と、情だけに流されて。
捨て犬捨て猫を片っ端から拾ってくる。
殺処分待ちの犬猫を全て引き取る。

その先にあるのは、破綻と崩壊と新たな地獄です。

皇族や、財閥の御曹司や、アラブの石油王並みの、大金持ちなら。
大丈夫なんだろうけどさ。

私みたいな、特権階級でもない、一般的な小市民の場合。
独りが出来る事は、とても小さい。

100%の地獄を100%の天国に速やかに変えるのは、不可能です。

地獄度100%を95%に。
95%になったら、90%に。
そのくらい地道に、コツコツと、やるしかない。

それを、「やるだけ無駄」と。
言いたきゃ言えば。

実際、救おうとする人以上に、捨てる人がいる限り。
ほんと、どーしよーもないわ。
すっげ無力感。

日本に於ける、大量の犬猫の殺処分という現実。
これは、愛犬家愛猫家と呼ばれる人達が、引き起こしている。

だって、そうでしょ。

日本中の人達が皆、犬猫嫌いだったら。
誰も、犬猫を飼わない。
飼わなければ、殺処分される犬猫も、存在しなくなる。

その辺の矛盾を。
ペットショップとブリーダーにこそ、是非とも、語って頂きたいところだが。

絶対、触れない、話題にしない。
それは無理ってものよねぇ。
自分の首締めちゃうから。

ペットショップとブリーダーにとっては、アンタッチャブルな領域。
綺麗事が通じない話題は、究極のタブーだわよね。

1510cart.JPG


ど雑種犬    「犬猫を殺処分するガス室は、ドリームボックスって言うんだワン」
シーズーちゃん 「そんなメルヘンな物じゃないべ」
ど雑種犬    「殺戮ボックスって呼ぶのが、正確なんだワン」
シーズーちゃん 「人間共は、綺麗事が大好きなんだべな」
 
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬預りボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

犬を安易に繁殖させる馬鹿

その昔。
知人と、こんな会話をした。

私  「どうして犬を、安易に繁殖させるんだろうね?」
知人 「捨て犬の悲惨な末路を、知らないからじゃない」
私  「知れば、止めるのかね?」
知人 「止めるんじゃない」

安易に、飼う人。
安易に、捨てる人。
安易に、繁殖させる人。

この三者が、三つ巴になって。
大量の犬の殺処分、という悲惨な現実を生んでいる。

安易に飼う人と、捨てる人。
この人達には、何を言っても無駄。

常識と良心が、無いんだから。

こういう人達の手に、ペットが渡らないように。
法律やシステムを整える事が、必要です。

ペットショップとブリーダーに、やって欲しいんだけどね。

やんないだろうな。
儲からなくなるから。

ガンガン犬捨てて、ガンガン買い替える。
こういう人は、ペットショップにとっては、とっても有り難い上客。

日本は、自由競争の資本主義社会だからさ。
経済活動には、貢献してる。
そういう側面も、あるわけで。

安易に、繁殖させる人。
この人達には、2種類ある。

徹底的に、金儲け。
それだけのために、繁殖させてる鬼。
じゃなくて、人。

こういう鬼。
じゃなくて、人にも、何を言っても、無駄。

常識や良心が、無いどころか。
鬼だから。
前世は、女衒(ぜげん)か人買いか奴隷商人だったに、違いない。

もう一つのタイプ。
犬への愛情や愛着から、繁殖させてる人。
愛犬ブログを書いてるような人ね。

こういう人には、常識も良心も、ある。
多分。

悲惨な現実を知らない。
知ろうとしない。
それだけ。

まず訴えるべきは、この種の人達にだと思う。

心の無い相手に言葉を投げかけても、徒労に終るだけ。
可能性の無い事を頑張り過ぎると、辛くなる。

151012d.JPG

母犬と兄弟犬2匹。
合計総勢一家4匹で、河原に捨てられていた、ど雑種犬。

と、殺処分寸前。
だったかどうかは、不明ですが。
保健所に捨てられてた、シーズーちゃん。

今はニコニコ、呑気に平和に、暮らしてますが。
こんなのは、超絶ラッキーな例外です。

大多数の捨て犬は、悲惨な末路を辿ります。

てなことを、想像もできないから。
安易に繁殖させたり捨てたり、できるんだろうけどさ。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬預りボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

シーズーのブリーダーに言いたい聞きたい

私は、預りボランティアです。
一生シーズーちゃんの面倒を見る事は、出来ません。

151012b.JPG

きっと、絶対。
良い飼い主に、巡り会える。

無理矢理、むりくり。
何とか、自分を騙(だま)して。

じゃなくてじゃなくて。
信じて。
預かりボランティアに、励んでおります。

でも、それは、あくまでも私の願望。
私の夢、ドリーム。

現実が、どうなるか。
神のみぞ、知る。

シーズーのブリーダーと、シーズー売ってるペットショップに、聞きたいです。

自分が繁殖させた犬の身の上に起こる、不幸の可能性。
ほんの少しでも、想像した事は、あるのでしょうか。

無いんだろうけどさ。

自分が繁殖させた犬だけは、絶対に捨て犬にならない。
捨てられても、悲惨な目には会わない。
虐待や殺処分は、されない。

なーんて。
激甘な考えなのでしょうか。

その能天気さ。
いっそ、羨ましいわ。

勿論、一番悪いのは、捨てた人です。
残念ながら、そういう人には、何を言っても無駄。

ブリーダーやペットショップをやってるのは、犬に愛情が、あるからでしょう?
綺麗事しか言わないレベルの、薄っぺらい愛情でもさ。
似非(えせ)でも愛は愛、ってね。

終生責任持って、きちんと飼ってくれる。
そういう人を厳選して売るのは、不可能なのでしょうか?

1年に1回でいいから、連絡を取って犬の様子を聞いて、写真送ってもらう。
そのくらいの事を嫌がるような人には、最初から売らない。

それで、殺処分という悲劇は、減らせるはずなんです。
どうして、その程度の事も、しないの?

儲からなくなるから、やりたくない?

あっそう。
だよねー。
商売人としては、正しいよ、それ。

ペットショップとブリーダーにとっては、犬は所詮、商品。
顧客様の嫌がる事は、やれないわよね。

綺麗事言っても。
それが、現実。
現実は、残酷よねぇ。

安易な繁殖をする、ブリーダー。
安易な売買をする、ペットショップ。
死んじまえ。

とまでは、言わない。
死なない程度に、大怪我してしまえ。

とも、言わない。
淘汰されてしまえ。
滅んでしまえ。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬預りボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

新田次郎『劒岳〈点の記〉』大作家過ぎる

新田次郎大先生の作品です。
大作家も超えて、ここまでの大物大文豪の作品になると、もう何も言えない。

わたくしごときが、感想述べるなんて。
僭越つーか、おこがましいつーか、畏れ多いつーか。

つまんねーと感じるのは、私の感性と感覚が間違ってるんだわ、きっと。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劒岳〈点の記〉 文春文庫 新装版 / 新田次郎 【文庫】
価格:799円(税込、送料別) (2019/2/15時点)



漢字多過ぎて、読むのたるい。
今の若い子、錫杖(しゃくじょう)とか読めるのか?

つか、私も、よく知らん。
白魔道士ホトケの使う武器的な物?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

金棒 2本継 錫杖(しゃくじょう)シャリン棒「きぬずれ」
価格:21178円(税込、送料無料) (2019/2/15時点)



この小説は、映画化されてます。
一応、観てみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劔岳 点の記【動画配信】
価格:324円(税込、送料無料) (2019/2/15時点)



感想は・・・。
うみゅーん。
むーん。

こちらも、ノーコメント。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

posted by ちをみん at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍絡み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

荻原浩『オロロ畑でつかまえて』落ちが華麗

どうしようもないド田舎が、地域活性化に頑張るお話。
同じく荻原浩さんが書いた、『メリーゴーランド』に似てる。
てか、同じだな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 メリーゴーランド /荻原浩(著者) 【中古】afb
価格:108円(税込、送料別) (2019/2/15時点)



『メリーゴーランド』は、町おこし。
『オロロ畑でつかまえて』は、村おこし。
田舎度のスケールが、違うくらい。

オロロ畑のが、面白い。
落ちも、綺麗に決まってるし。

別に私は、漫才師でも関西人でもないんで。
そんなに落ちにこだわるわけでも、ないんですが。

どんな物事にも、落とし所って、あるでしょ。
戦争やヤクザの抗争にだって、妥当な落とし所というものがある。

落とし所を間違えると。
場合によっては、とんでもない事態になる。

第一次世界大戦の落とし所を、間違えたお陰で。
第二次世界大戦を誘発、とか。

放っておいて自然に華麗に落とし所が決まるのは、子供の喧嘩(大人が介入しない場合のみ)と、野生動物の縄張り争いだけ。

荻原浩さんは、上手く落とす作家さんだなぁ。
毎回、感心する。

美しく決着が付けられるってのは、かなりな才能だと思う。



にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

posted by ちをみん at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍絡み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

捨てシーズー預り日誌74 廃棄犬猫の行く末

ペットショップ、ブリーダーという供給源を絶たない限り、犬猫の殺処分ゼロの実現は不可能。
というのが、私の持論です。

どうして、不可能なのか。
説明するの、面倒。
解る人だけ解ってくれればいいですよ、もう。

今の日本の現状では。
殺処分ゼロは、限り無く不可能。

でも、半減くらいなら。
なんとか、可能。
かもしれない、鴨。

命を売買する行為は、残酷。
そういう認識の人間が、多数派になればいいだけの話。

そうなったら、今の形態のペットショップ経営は、成り立たない。

「カワイイ」と安易に買う客が、いなくなればいいの。

「売れ残った犬猫達は、どうなるんですか!?」。
真剣に詰め寄る客が、増えればいいの。

どんな商売でも、売れ残りは、必ず出るでしょ。

犬猫だって、商品である限り。
いついかなる時でも売れ残りは出ない、なんてミラクル。
あるわけがない。

廃棄物の行く末が、どうなるか。
目を逸らさず。
綺麗事に惑わされず。

真面目に考える人が、増えればいい。
案外と、簡単なのよ。

だけんど。
簡単な事ほど難しい、てね。

151012a.JPG

変な顔になってしまった、シーズーちゃん。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「奴隷」になった犬、そして猫 [ 太田匡彦 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/6/9時点)



posted by ちをみん at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬預りボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

捨てシーズー預り日誌73

どうして日本は、犬猫の殺処分が、多いんだべ?
どうしたら残酷な殺処分が、無くせるんだべ?

オラは犬だから、わがんね。
知恵のある人間共が、考えてけで。

151004e.JPG

日本から、犬猫の殺処分が、減らない理由。

原因は、多種多様多岐に渡り、一概に言えるものでもないのでしょうが。

こっそり飼い、てのも、助長の一因ではないかと。
あくまでも個人的私見で、確信しております。

こっそり飼い主、ってのはね。
ペット不可の住居で。
こっそり犬猫飼ってる、馬鹿共のことですわよ。

ペットブログを見てると。
たまに、「ぶっちゃけ、ここペット禁止なんです」「こっそり飼ってます」なんて人がいる。

頭おかしいんじゃないかと思う。

契約違反なんだから、退去迫られたら、出て行かなきゃならないでしょ。
その時ペット、どーすんの。

ペット可の住居に引っ越すまで、ペットホテルに預ける?
そんな余裕資金のある人は、最初からペット可物件に住むわな。

ペット可の住居に住んでる人に、預ける?
だったら、最初からその人に飼って貰った方が、いいです。

人間は、住む所無い=死、とはならないけどさ。
ペットにとっては、限りなく死に近い状態になる。

てゆーかね。
ペット不可住居で、こっそり飼ってたのがバレて、犬猫捨てる馬鹿。
実際、多いのよ。


にほんブログ村
posted by ちをみん at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬預りボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

垣根涼介『ワイルド・ソウル』昔は7割税金

日本国家に騙されて捨てられた棄民が、祖国ではない国で、成り上がる。

そこまでの経緯だけでも。
パール・バックの『大地』や、山崎豊子の『大地の子』レベルの、感動超大作になりそう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大地 1 新潮文庫 改版 / パール・バック 【文庫】
価格:767円(税込、送料別) (2019/2/15時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大地の子(1) (文春文庫) [ 山崎豊子 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2019/2/15時点)



なのになのに。
それだけで終わらせないところが、21世紀的つーか。
大変に、エンターテイメント的な仕上がりになってます。

外国で成功して高額納税してる時点で、日本国家への復讐は、済んでるよなぁ。
国家にとって一番困るのは、納税者が減ることだもん。
少子化の何が問題って、納税者が減るのが、一番の大問題。

日本国家の本音は、こんな感じじゃね。

ニートや引きこもりを国外追放。
外国で財を成してる元日本人を逆輸入。
できるものなら、そうしたい。

人道だの人権だの、めんどくせー。
でも、時代の流れ的に、無視できねー。

江戸時代までなら。
収入の7割を毟(むし)り取れたのに。
払えなきゃ、拷問できたのに。

戦時中までなら。
紙切れ1枚で、一般庶民を確実に死んじゃうレベルの戦場の最前線に、送り込めたのに。
拒否したら、拷問できたのに。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村




posted by ちをみん at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍絡み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

山田悠介『スイッチを押すとき』公平な国家

マフィアよりも緩い国家対応に、びっくらこきこき。

戦争も内戦も虐殺も民族浄化も粛清も内ゲバも、経験無い。
平和人間が、想像し得る、最高の国家的残酷さって。
このくらいのレベルなんだろうなぁ。

「拷問」と、聞いて。
鞭打ちくらいしか、想像できないような。
とっても優しい人種だもんね。

とか言ってる自分も。
戦争も内戦も虐殺も民族浄化も粛清も内ゲバも、経験したこと、無いけどさ。

『特別法第001条DUST ダスト』と『パズル』を読んだ時にも、感じたんだが。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パズル (角川文庫) [ 山田悠介 ]
価格:561円(税込、送料無料) (2019/2/15時点)



山田悠介さんの描く、近未来の日本国家は、かなり公平で平等。
一瞬だけ上手くいきかけた時代の、共産主義国家みたい。

どこがどう公平で平等か、つーのは。
ポル・ポト、毛沢東、スターリン、チェ・ゲバラ。
その辺りの史実でも読んでみると、うっすら見えてくる、かも。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍絡み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする