2019年01月29日

捨て琉球MIX預り日誌65 強風怖い

強風の音に、恐れおののいて。
猫用キャリーバッグに、無理くり入り込む、琉球MIXちゃん。

190129.JPG

琉球MIXちゃん 「殺処分された犬達が、地獄の底から甦(よみがえ)る音なんだワワワワン」

違うよ。
風の音だよ。

琉球MIXちゃん 「殺処分された恨みを晴らすと、人間達を呪ってるワワワワン」

幻聴だよ。
それが本当なら、日本中の人間は、とっくに全員、呪い殺されてるよ。

殺処分される犬達は、呪う事も恨みを晴らす事も、出来ない。
黙って殺されていくしか、ないんだよ。
だからこそ、殺し放題に殺せるの。

琉球MIXちゃんに、幻聴が聴こえてしまう理由。
「捨て琉球MIX預り日誌2 沖縄脱出」
「捨て琉球MIX預り日誌3 沖縄脱出の補足」
「捨て琉球MIX預り日誌8 犬の殺処分数@沖縄」

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | 捨て犬預りボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

金銭感覚の違う夫婦

ブログ村で、節約カテゴリーのブログをネットサーフィン(死語?)していると。

金遣いの荒い旦那様。
節約志向の奥様。
そういう組み合わせの御夫婦を、見かけます。

まあ要は、金銭感覚の違う御夫婦、ですね。
この御夫婦達には、2つのパターンが、あります。

パターンその1。
奥様が諦めて、旦那様の金銭感覚を受け入れているパターン。

パターンその2。
旦那様の金銭感覚を正常に変えようと、奥様が頑張るパターン。

パターン2の奥様って、凄いなぁ。
感心してしまいます。

そもそも、金銭感覚って、親が子供に躾(しつ)けるべきものでしょ。
それも、幼稚園の頃くらいから、叩き込まないと。
成人してからの軌道修正は、かなり難しいんじゃないかしら。

親でさえも、クリアできなかった。
難易度の高いミッション。

それを、元は他人の妻が、やろうってんだから。
生半可な覚悟や気合いでは、取っ掛かりさえも、掴めない。
何の苦行か修行か、って感じですよ。

かてて加えて。

経済観念が無い、借金体質。
そんな破滅的な思考回路を、叩き直してあげる。
滅私奉公的な、救済的な行為だよね。

この人を人生の破滅から、救ってあげたい。
真摯な愛情が、根底に無いと。
矯正は、不可能でしょ。

間違いを正してあげるのって。
本当の愛情が無ければ、成功しない行為だもの。

そこまでの深い愛情。
ハッキリ言って。
私は、夫に対して、持っていません。

もしも、私の夫が、金遣い荒い借金体質だったら。

離婚して、他人になる。
借金が発覚した時点で、カッとなって殺す。
この2つの道しか、見えません。

離婚後に、別れた夫が、経済的に破綻しようが、破滅しようが。
知った事では、ありません。

破産しようが、夜逃げしようが、ヤクザに追い込みかけられようが。
何とも思いません。

借金苦で、自殺。
くらいまでの、事態になったら。
ちょっとくらいは、心が動くかも。←ちょっとだけ?

こんなんだから。
冷血、人非人、鬼、外道、人でなし、血も涙も無い。
なんぞと、言われちゃうんだろうなぁ。

旦那様の金銭感覚を、正常にしようと、頑張る奥様。
親よりも海よりも深い愛情を、旦那様に持ってるんだなぁ。
感動すら、覚えます。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | 夫婦二人の静かな生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

うちのにゃんこ139 賞味期限切れの人間

怖い顔で、哲学的な思考をする、雉寅ちゃん。←嘘

雉寅ちゃん 「ペットショップやブリーダーで、かわいいの賞味期限が切れた犬猫は、殺処分されるミャ」

190127.JPG

雉寅ちゃん 「賞味期限が切れた人間は、どうなるのミャ?」

人間だって、一緒だよ。

自由競争資本主義の世界では、人間だって、1個の商品に過ぎない。
商品価値のあるうちに、なるべく高値で、売り抜ける。
もしくは、売り逃げる。

ここんとこをしくじると。
悲惨な末路が、待っている。
確率が、高くなる。

犬猫みたいに、命までは、取られないけど。

生き地獄。無間地獄。
飼い殺し。
生きながら死んでいる。
死んだ方がマシ。

途轍(とてつ)もなく悲劇的な状況に、なったりします。

ワーキングプア、下流老人、貧困家庭、8050問題、借金苦。
肉体は、死ななくても。
心と魂は、半分くらい、死んじゃいそう。

犬猫の命を軽く扱う国は、人間の命だって、軽く扱うんだよ。
そこんとこは、連動してるの。

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | 捨て猫飼おうよニャンコスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

うちのにゃんこ138 Vornado

楽天市場で買った、サーキュレーターが入ってた、段ボール。
その中に、籠城する雉寅ちゃん。

1901vornado1.JPG

今更ながら、サーキュレーター。
「ボルネード」という商品名と、レトロ感が、気に入って。
こちらの商品を買いました。



空気を攪拌すると、冷暖房効率がいい。
というのは、聞いてはいたが。

本当に全然、違いますね。
暖かい空気が、上から降りてくる感じ。
天井付近に、こんなに暖気が、溜まってるなんて。

百聞は、一見に如かず。
見ると聞くとじゃ、大違いだわ。

1901vornado2.JPG

雉寅ちゃん 「中をボロボロに抉(えぐ)ってやったミャ」

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村
posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | 捨て猫飼おうよニャンコスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

『Winter,again』と『終着駅』

GLAY の『 Winter,again』。
GLAY の曲の中で、一番好きです。



誰もが抱く悲しみの終着駅は何処にあるのか♪

この歌詞を聞く度。
奥村チヨの『終着駅』を連想します。

落ち葉の舞い散る停車場は悲しい女の吹き溜まり♪



最終列車が着く度によく似た女が降りてくる
そして今日もひとり明日もひとり
過去から逃げてくる♪

DV、ハラスメント、ストーカー。
そんな、言葉も認識も概念も、無い。
シェルターなんぞという、救済施設も、無かった。

殺伐とした、昭和時代。

過去や暴力から逃げたい女は、うーん。。。
死ぬしかない感じ?

ワイルドで、エキセントリックな時代だったわぁ。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 20:19| Comment(0) | こんな音楽が好きです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

小室圭さんと民主主義

畏れ多くも、内親王という、高貴な御身分であらせられる。
皇紀4千年(2千年だっけ?)の、正統な神の末裔。
正真正銘、大日本帝国のお姫様とも、あろう御方が。

こんな胡散臭い男と、結婚する可能性が、あるなんて。
皇室の威厳も、堕ちたものねぇ。

昭和時代までの日本なら、考えられない。
裕仁様と良子(ながこ)様が、草葉の陰で嘆いておられる御姿が、目に見えるわ。
おいたわしや。

戦中までの日本だったら。
憂国の士が、陰腹を切りそう。

え?
今の若い人。
憂国の士も陰腹も、知らない?

そう言えば、ここ百年ほど。
どちらも、見かけてないわねぇ。

皇室の権威を保ちたければ。
どれだけ叩いても、埃が出ない。
公明正大で清廉潔白な男と、結婚させるしかない。

でも、それって、民主主義的じゃないね。
難有りな変な男とでも、個人の自由意志で、結婚できる。
それが、民主主義国家に於(お)ける、基本的人権ですもの。

眞子様と小室圭さんの、基本的人権を尊重すると。
この結婚は、認めるしかないわなぁ。

お互いが、結婚を望んでるんでしょ。
婚姻は、両性の合意のみに、基(もとづ)く。
二人の合意さえあれば、誰の許可も、要りません。

宮内庁も天皇皇后両陛下も国民も、口出せないわな。
民主主義の原則的にはね。

但し、皇族の婚姻関係費用は、国民の血税で賄われます。
金を出すんだから、口も出させろ。
そういう理屈は、アリだと思います。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 14:17| Comment(0) | テレビ絡み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

バタシー・ドッグス・ホーム

イギリスに、1860年に設立された名門動物愛護団体が、あります。
その名は、バタシー・ドッグス・ホーム。

こちらで分かり易く、日本語で説明してあります。
バタシー・ドッグス・ホームとは
http://www.jhpa.net/bdh.html

本家サイトは、こちら。
Battersea Dogs & Cat Home
http://www.battersea.org.uk/

そこは、里親の審査が、とっても厳しいので有名。
本物の愛犬家達にとって、そこから犬を譲渡されるのは、大変な名誉なんだそうです。

そこの団体から、犬を譲り受ける。
イコール厳しい審査をパスできる、きちんとした人間、という証明になるほど。

日本で、そこまで審査を厳しくするのは、無理。

厳しい審査にパスできた事を、名誉に思う人より。
プライバシーの侵害だとか、なんだとか。
文句つける人の方が、きっと多いよ。

元々イギリスの本物のセレブの間では、「大金を払って犬を買うのは、成金趣味でお上品ではない行為」という認識が、あるんだって。
動物愛護団体から犬を譲り受けて飼う方が、ステイタスが上、と見なされてるそうな。

日本とは、真逆だね。

やっぱ、日本に比べて。
格段に捨て犬の数が、少ないからこそ。
こういう事が、出来るんだろうなぁ。

日本で、そこまで里親の審査を厳しくしたら。
ひと月に1匹くらいしか、譲渡が決まらなさそう。

殺処分される犬は、年に数万匹、存在するのに。
譲渡が決まって、命を繋ぐ犬は、たったの2割です。
あとの8割は、サクッと殺処分。

どんだけ、譲渡活動を頑張っても。
正に、焼け石に水。
頑張る気力も無くなるわ、正直な話。

かてて加えて。
日本は、自然災害大国。
地震や水害や原発事故により、行き場を無くす犬も、定期的に大量発生。

その間にも、ブリーダーは、ガンガン繁殖させる。
ペットショップは、売って売って売りまくる。

日本で、殺処分ゼロを本気で目指して、活動するのって。
出口の見えない茨の道を、亀より遅い蝸牛(カタツムリ)のスピードで、ジリジリ進む。
個人的には、そんなイメージです。

1510cafe2.JPG

アタチと一緒に捨てられてた、もう一匹のお兄ちゃんは、煙草の火で火傷させられてたんだワン。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬飼おうよワンコスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

究極的には経済力

動物愛護団体から、捨て犬を引き取って、今年で11年目。
捨て犬の預かりボランティアを始めて、これまた、11年目。

色んな捨て犬のパターンを、見てきました。
あくまでも、個人的な解釈では、ありますが。

犬を飼えなくなる、究極的な最大の要因てさ。
突き詰めると、経済力に収束される。
そう思うのですよ。

転勤で、飼えなくなった。
地域によっては、ペット可の物件が少ないという事情も、あるだろう。
でも、お金があれば、家買っちゃえばいいじゃん。

離婚で、飼えなくなった。
これもお金さえあれば、どうとでもなる。

しつけに失敗して、噛む犬になってしまった。
訓練士さん雇えばいいです。

夜逃げ。
そもそもお金があれば、借金しない夜逃げしない。

飼い主が、病気もしくは、犬アレルギーになった。
これだけは、どうにもならない。

んがっ。
別荘に犬を移して、人を雇って世話してもらう。
そんな手もある。

さすがに、このレベルになると。
皇族か財閥の御曹司レベルのお金持ちじゃないと、無理そうだけどさ。

こんな嫌味な、例ばっか挙げて。
私ってば、金の亡者じみてるわね。
とっても感じ悪いわ。

けどね。
現実に、多種多様様々な、犬を飼えなくなるパターンを見てると。

しみじみ、つくづく。
そう感じるのです。

西原理恵子大先生は、仰(おっしゃ)っています。
「金が無いのは、首が無いのと一緒だー!」。
まっこと、その通りで御座います。

あたくしの自論。
金が無きゃ、綺麗事も言えない。

1510cafe0.JPG

アタチと一緒に捨てられたお兄ちゃんは、耳を切られてたんだワン。

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬飼おうよワンコスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

まともなブリーダーはペットショップに犬売らない

本物の優良ブリーダーは、ペットショップに犬を卸さないんですってよ、奥様。

ちょっと、小耳に挟んだ話ね。
あくまでも噂よ、噂。

でも、個人的には、とっても納得。
だって、ペットショップは、どんな人が買うか、分からないでしょ。

ペット禁止の住宅に住んでる人。
動物アレルギーの人が、居る家庭。
犬飼うのに反対する家族が、居る家庭。
無茶な多頭飼いしてる、ど阿呆。

犬を飼っちゃいけない人にでも。
ペットショップは、お金さえ払って貰えれば、売っちゃうでしょ。
怖いわぁ。

上に挙げた条件。
動物愛護団体から、犬を譲渡したり預かる場合。
全部、チェックされます。

全ての団体が、そこまで厳しくないかもだけど。

私が、ボランティアしてる団体。
ど雑種犬を引き取った団体。
どちらも、きちんと確認しました。

その点、ペットショップは、ゆ〜るゆる。

えげつない言い方をすると。
お金さえ貰えれば、後は知らない。
そんなお店も、きっとあるね。

てか、そういうお店が、多数なんじゃないの。
意地悪な決め付け、しちゃうけどさ。

優良ブリーダーというのは、高価な犬を繁殖させるブリーダーではなくて。
本当に、犬を愛しているブリーダー。
そう定義すると。

恐ろしくて、ペットショップになんて、売れないはずです。
そういうブリーダーから犬を譲渡してもらうには、ツテを頼るしかない。

そんな素晴らしい。
と言うか、本来の意味での、きちんとしたブリーダーばかりになったら。
日本の相当数の犬の殺処分は、減らせるはずです。

繁殖させる事自体が、いけないのではなく。
余剰が出る程に、過剰繁殖させるのが、諸悪の根源。

そんなことも分からない馬鹿が、ペットショップに犬を売りまくるんでしょうねぇ。
そう私は、色眼鏡で見てますよ。

151012c.JPG

アタチは、ど雑種だから。
ブリーダーもペットショップも、無縁なんだワン。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬飼おうよワンコスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

捨て琉球MIX預り日誌64 ピンクレディー

琉球MIXちゃんとど雑種犬に、お揃いの服を着せてみました。

19019a.JPG

ピンクレディーみたい。

190119b.JPG

ど雑種犬    「古過ぎだワン」
琉球MIXちゃん 「まだ全然生まれてないワン」

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | 捨て犬預りボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする