2019年12月31日

2019年の被服費と理美容費の平均

1年間の被服費の総額。
772,127円。
月平均すると、64,343円。

理美容費の総額。
384,226円。
月平均すると、32,018円。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村



ラベル:被服費 理美容費
posted by ちをみん at 12:20| Comment(0) | 物欲の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

2019年に映画館で観た映画

2月 『クリード2 炎の宿敵』
4月 『翔んで埼玉』 『キングダム』
6月 『劇場版パタリロ!』
9月 『マトリックス』
11月 『ターミネーター ニュー・フェイト』

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村



ラベル:映画館
posted by ちをみん at 22:10| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

ビーグルMIXちゃん死去

昔預かった、ビーグルMIXちゃんが、死にました。
今風に言うと、虹の橋を渡った、とでも、言うのかしら。

ビーグルMIXちゃんとの出会いは、こちら。
「ビーグルMIX預かり日誌1」

そっか。
あれから、もう10年近く、経つんだ。

里親さんから送られてきた、遺影。

2019beagle.jpeg

右側の白いお花は、会から送った物。
左側のピンクのお花は、担当者さんと私で、個人的に送りました。

お花には、以下のメッセージを添えました。
素敵な里親様に出逢えて、〇〇(ビーグルMIXちゃんの名前)は、幸せな犬でした。
〇〇の命を繋いで下さって、ありがとうございました。


捨て犬の里親になるということは、大袈裟ではなくて、犬の命を救うということです。

日本で繁殖させられた犬のうち、市場に出る犬は、6割です。

4割は、市場に出ない。
売り物にならない 即ち、死。
そう断言しても、過言ではないはずです。

そして、捨て犬の生存率(里親に引き取られる)は、2割です。

死線を潜(くぐ)り抜けたビーグルMIXちゃんは、超絶に、ラッキーな犬でした。

テレビは、ラッキーな例外しか、放送しません。
正視が辛い現実は、視聴率を取れないもの。
ぶっちゃけ、私だって、陰惨な悲惨な番組は、観たくない。

ペットショップも、ブリーダーも。
犬に関わる都合の悪い現実には、絶対に触れないし、教えてくれません。
そもそも、売り上げには関わらない、そんな些末な事。
考えもしないんだろうけど。

だけども、残念ながら。
悲惨に苦しんで死んでいく犬の数の方が、圧倒的に、多いんです。

ビーグルMIXちゃんの里親様に、心から、感謝致します。
本当に本当に、ありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 20:10| Comment(0) | 捨て犬預りボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

『北朝鮮を知りすぎた医者』

ドイツの医師、ノルベルト・フォラツェン著。

@北朝鮮。
MRIの超音波、心電図、X線装置。
等の最新の設備は、高級軍人か党のエリート専用の病院でないと、無いそうな。

私は、全部、やったことあるよ。

@日本。
私みたいな、役立たずなボンビー人でも。
北朝鮮の幹部並みの医療が、受けられるってことね。

1時間待たされたくらいでブーたれたら、いかんね。

@北朝鮮。
一般庶民は、物資不足の麻酔不足で。
忍耐と根性で、絶叫しながら、手術を受けるらしいっすよ。

麻酔無しの手術なんて。
阿鼻叫喚の地獄絵図。

@日本。
歯の治療でも、「痛かったら、遠慮無く、言って下さいねぇ〜」。
だもんなぁ。

ヤワになるわな。
ヤワで結構。
痛いのイヤ。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍絡み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

ユン・チアン『マオ』自殺と心中

心中。
特に、子供を道連れの無理心中。
昭和時代は、よくありました。

平成以降は、あまり聞かなくなったけど。
これって、日本独特なものだと思ってた。
そうでもないんだ。

あんまりにも、ショッキングだったので。
引用しちゃう。

『マオ 誰も知らなかった毛沢東』
ユン・チアン著
講談社

------------(ここから引用)-----------------

多くの人間にとって、自殺は苦しみを終わらせる唯一の方法だった。
崖から飛び降りた者もいれば、井戸に身投げした者もいた。
子供や配偶者がいる者は、彼らを先に殺してから自殺するケースが多かった。
(中略)
自殺未遂者は、情け容赦なく糾弾された。
ある者は割れたガラスを飲んで自殺を図ったが果たせず、息を吹き返したとたん「自己批判を書け」と言われた。

------------(引用ここまで)-----------------

自殺に失敗した人間を、死に損ないと罵るなんて。
21世紀の日本じゃ、考えられない。

自殺未遂する人が、いたら。
オロオロして心配しちゃうのが、真っ当な人間てもんでしょ。

真っ当でいられる、時代と国に生まれられて、本当に良かった。

それって、個人の努力とは、全く関係無く。
完全に、運だもんなぁ。

人生の8割くらいは、実は、運で決まるような。
そんな気が、している。

運という言葉だと、語弊があれば。
神の采配、気紛れ。
とでも、申しましょうか。

とにかく。
不公平よねぇ。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍絡み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

ユン・チアン『マオ』平和は退屈

「平和は、退屈」。
中華人民共和国の、故マオ主席様が、言ったお言葉です。

何の力も無い、一般市民が言うなら。
実害は、無い。
軍隊を動かせる権力を持つ人間が言うのは、シャレにならん。

『マオ 誰も知らなかった毛沢東』
ユン・チアン著
講談社

---------- ここから引用 ---------------

毛沢東には、自分がアメリカに負けるはずがない、という確信があった。
中国には何百万もの兵隊を使い捨てにできるという基本的な強みがあるからだ。
(中略)
兵隊の使い捨て競争になればアメリカがとても中国には太刀打ちできないことを、毛沢東は知っていた。

---------- 引用ここまで ---------------

こりゃアメリカ負けるわ。

子供10人死なせても平気な、鬼母。
1人死なせても心を痛める、菩薩母。

そんな鬼母と菩薩母が、子供同士を殺し合わせるようなもんだもん。
菩薩母に、勝ち目あるわけない。

守るものが多い方が、どうしたって、負けるわな。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍絡み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

ユン・チアン『マオ』死刑と拷問

ユン・チアン女史によると。
死刑と拷問の廃止は、20世紀初めに、もてはやされた考えなんだって。
たった100年前じゃん。

まぁ、日本だって、たった70年前。
「戦争反対」と主張する人を拷問してたんだからねぇ。
そんなもんか。

それにしても、マオ(毛沢東)たん。
すんごい事言うなあ。

「平等は、理想の中にある。現実には無い」。

さすが、理想世界の偉大な指導者、マオ大先生。
世界の。
いや、人類の真実を、見抜いていらっしゃる。

だけんどもさ。
それを言っちゃあ。
身も蓋も無いでしゅら。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍絡み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

ユン・チアン『マオ』女は名無し

昔の中国では、女は、名前付けてもらえなかったんですって。
びっくりー。

名前が無くて、どうするか。
文(ウェン)家の七番目の娘だと、「文七妹(ウェンチーメイ)」とか呼ばれるんだって。

名前が無いなんて、物みたい。
てか正に、物扱いだったんだろうな。

やだやだー。

まぁ、日本だって。
戦後まで、似たようなものだったけどね。

女三界に家無し。
なーんて、言われておりましたよ。

あら、やだ。
「さんかい」で「三界」って変換が、出てこないわ。
そんなに古い言葉なのかしらん。

女は、結婚するまでは、父親に仕え。
結婚したら、夫に仕え。
夫が亡き後は、息子に仕える。

仕えてばっかり。
自分の意思は、持ってはいけなかったのです。

やだやだー。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍絡み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

売れ残った犬の引き取り屋

何度も何度も、主張していますが。
私は、犬猫の生体販売には、反対の立場です。

こんな記事を見つけました。
「商品」になれなかった犬猫たち 闇の犬猫「引き取り屋」

生体販売の何が、いけないの?
疑問をお持ちの方々に、是非とも、一読して頂きたいです。

生体販売賛成の立場の人は、こういうのも必要悪として、受け入れているんでしょ。
そのくらいの覚悟があった上で、「生体販売賛成」と、主張してるのよね。

過剰余剰を処分したからって。
「かわいそう」なんて、生ぬるい事、よもや、考えもしないわよね。
てか、考えては、いけません。

だって、処分しなきゃ。
今のような、便利な日本の生体販売市場は、成り立たないもの。

覚悟を決めてる人の意見は、尊重されるべきです。
賛成も共感も、しないけど。

物事には、色んな側面が、あります。
売れ残った犬猫の殺処分は、利益優先の経済活動的には、正解な行為なんです。

生体販売を受け入れながら、殺処分は、かわいそうがる。

そんな、ダブルスタンダードが。
反吐が出るような、綺麗事が。
私は、大嫌いなんです。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 21:10| Comment(0) | 捨て犬飼おうよワンコスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

『グエムル−漢江の怪物−』テンポがいい

展開が、スピーディー。
テンポが、いい。
もったいぶった前振りは、一切、無し。

いきなり、怪物登場。
謎も、ミステリーも、へったくれもない。
唐突に、その全容を現す。

韓国のファミリーは、熱い。

身内がさらわれたら、助けに行く。
理屈なんて無い。
家族だから。当然。

単純明快。
なんかいいな、そういうの。

ラストが、意外にハートウォーミング。

怪物にさらわれた娘が、同じく怪物にさらわれた男の子を、命がけで助ける。
その男の子を、娘の父親が、引き取る。

心が、暖かくなった。
救いのある結末で、良かった。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スマイルBEST::グエムルー漢江の怪物ー [ ソン・ガンホ ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2019/12/13時点)


posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする