2012年11月19日

イオンゴールドカードの謎2

どうして、条件(らしきもの)をクリアしてないのに、イオンゴールドカードのお誘いが来たか?

あくまでも、私個人の憶測ですが。
日本中のイオンで、買い物してるから、かも。

北は青森から、南は愛知まで。

んにゃ。
全然、日本中じゃないね。

日本中は、言い過ぎた。
あちこちのイオンで買い物してるのは、事実。

ワンデーパスが来ると、いそいそとイオンに行くんだわよ。
「イオンワンデーパス」

いつも同じイオンに行っても、つまんない。
ドライブ兼ねて、あちこちのイオンに行くの。

さすがに青森や愛知のイオンは、ドライブで行ったわけではないです。
旅行のついでに、ついつい、イオンに寄っちゃうのよね。

地方のイオンって、高速のインターの近くにあることが多い。
目立つし、インター降りてから、迷わず辿り着ける。

イオンの駐車場は、必ず広い。

駐車場が、広くて無料のショッピングセンター、大好き。
駐車、超絶に苦手だから。
駐車場が狭い場所は、それだけで、行く気失せる。

そしてイオンは、商品の価格も、日本全国一律に安い。
どこに行っても、ぼったくり値段に遭う心配が無い。

田舎の、昔ながらの万(よろず)屋、洋品店、雑貨店。
嫌い。

基本、やる気無い。
商品数、少ない。
今時有り得ない、定価販売。
クレジットカードも電子マネーも使えない、使えなさ。

まあそれも、味っちゃあ、味なんだけどね。

そういうお店。
都会や都市近郊では、やってけない。
競争相手がいないからこそ成り立つ、殿様商売。

淘汰されない場所だからこそ、存在できる、絶滅危惧種。
ある意味、特権的な存在。

希少で面白くは、ある。
でも、お布施する気は、無いの。

だもんで、田舎に行っても。
イオン、地元の大手スーパー、ドラッグストア、ドンキホーテ、コンビニエンスストア。
そういう場所で、買い物する。

コストパフォーマンスが、いいんだもん。

資本主義社会に、骨の髄まで毒されてるわ。
風情も旅情も、ありゃしません。

あちこちのイオンで買い物する、私ら夫婦。
イオンにとっては、いい鴨だよね。

じゃなくてじゃなくて。
いい顧客、だわよね。

イオンゴールドカードが、欲しい人。←いるのか?

でも、年間100万円も使うのは、阿呆くさい。
なんていう人は、日本中のイオンで、おっ買い物してみると。
もしかしたら、お誘いの手紙が、来る鴨。

何度も、言いますが。
あくまでも、私個人の、憶測の憶測。

やってみたけど、来ないじゃん。
なんて苦情は、受け付けまっせん。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 15:20| Comment(2) | TrackBack(0) | クレジットカード電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イオンのゴールドカード欲しいと思ってた人です(*^^*)
イオンラウンジを使いたい!という、しょーもない理由で100万目指して何でもかんでもイオンカードで払っていたんですが、前日、一番よく行くイオンのラウンジが終了しちゃってガッカリしています(>_<)家族が多いんでオヤツとドリンク無料飲食に期待していたのに…(T_T)
Posted by at 2012年12月02日 12:39
イオンラウンジというのがあるのを、初めて知りました。
イオンは広くて疲れちゃうので、ちょっと休める場所があると、便利ですよね。

てか、もっとベンチを増やして欲しいです、単純に。
Posted by ちをみん at 2012年12月03日 16:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック