2013年05月16日

ダサい家21

夫の部屋のクロゼット。
開けた状態。

130513f

三段になってます。
寝台列車(て今もう無いんだっけ?)の二段ベッドくらいの広さは、あるんです。

夫が、一番下の段に寝転がって、言いました。
「俺、ここに住める」。

あ、そう。
じゃあ、あんた、クロゼットに住んで。
部屋の部分は、私が使う。

さすが、三畳の女中部屋もどきで、平気だった男。
狭いのには、慣れてるのねん。
「ダサい家15」

あーと、夫の名誉の為に、言っておきます。
夫の部屋が三畳間だったのは、実家が貧乏だからでは、ありまっせん。

近隣で「ジャングル」と呼ばれる程、庭には樹木が、生い茂り。
裏庭に、池がありーの。
茶室ありーの。

家自体は、豪邸チック。

夫の部屋だけ。
と言うか、息子達の子供部屋だけが、狭かったんです。

ガキに贅沢は、させん。
贅沢は、自分の稼ぎでしろ。

そういう、家庭の教育方針だったのかなぁ。
とか、勝手に決め付けてます。

御陰様で、息子達は全員、堅実な人間に育ちました。
夫の両親には、感謝してるわ。
息子達が自立したら、離婚しちゃったけどね★

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

女中がいた昭和 (らんぷの本) [ 小泉和子 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/6/15時点)



にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村
posted by ちをみん at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ダサい家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック