2019年03月05日

捨て犬救助はひっそりと

ペットショップやブリーダーは、大々的に宣伝します。

可愛い子犬、産まれました!
まだまだ続々、産まれてまーす★
格安で、お譲りしまーす☆
等々。

あー、反吐が出る。

とと。
どす黒い本音が、滲み出てしまったわ。
聞か(読ま?)なかった事にして。

ペットショップやブリーダーの派手な宣伝の対極のように。
動物愛護団体は、派手な宣伝は、致しません。

まあ、そりゃそーだ。
動物愛護団体は、非営利団体ですから。
てゆー側面は、勿論、ありますけれども。

大々的に知られると、犬捨てに来る馬鹿が、大量発生しちゃうから。
犬のシェルターがある団体でも、所在地や連絡先を、大っぴらにはしてない所が、多いです。

テレビで、「ここで捨て犬助けてまーす」と、報道されると。
里親希望者は、「一時的に」「一瞬だけ」、増えます。

でもでも、それ以上に。
犬を捨てに来る馬鹿も、押し寄せちゃうんです。

善意の人だけが、観てるわけでは、ないからね。
善意の人以上に、悪意の人が、存在する。

テレビの影響力って、凄いからね。
良くも、悪くも。

捨て犬の保護活動を全国的に知られるのは、両刀の刃。
そんなトホホな現実も、あるんですのよ。

物事には全て、表と裏の面が、在る。
プラスのいい影響だけある、なんて都合のいい事は、有り得ないんですよ。
テレビは、いい面しか、報道しないけれども。

残念ながら、それが、残酷な現実です。

いい事してるのに、ひっそりこっそりなんて。
全く、釈然としない話だわ。
ほんにこの世は、神も仏も、無いぜよ。

捨て犬を飼いたい! と画策しても。
そうそう簡単に、捨て犬なんて、出て来ない。
くらいの社会になるといいなぁ。

個人的には、切実に切実に、願います。
てか、妄想してます。

160521b.JPG

ど雑種犬 「拾う人より捨てる人が多い限り、殺処分は無くならないんだワン」

そういう単純な引き算が、出来ない人間。
とっても多いんだわ。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬飼おうよワンコスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック