2019年12月23日

ユン・チアン『マオ』平和は退屈

「平和は、退屈」。
中華人民共和国の、故マオ主席様が、言ったお言葉です。

何の力も無い、一般市民が言うなら。
実害は、無い。
軍隊を動かせる権力を持つ人間が言うのは、シャレにならん。

『マオ 誰も知らなかった毛沢東』
ユン・チアン著
講談社

---------- ここから引用 ---------------

毛沢東には、自分がアメリカに負けるはずがない、という確信があった。
中国には何百万もの兵隊を使い捨てにできるという基本的な強みがあるからだ。
(中略)
兵隊の使い捨て競争になればアメリカがとても中国には太刀打ちできないことを、毛沢東は知っていた。

---------- 引用ここまで ---------------

こりゃアメリカ負けるわ。

子供10人死なせても平気な、鬼母。
1人死なせても心を痛める、菩薩母。

そんな鬼母と菩薩母が、子供同士を殺し合わせるようなもんだもん。
菩薩母に、勝ち目あるわけない。

守るものが多い方が、どうしたって、負けるわな。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍絡み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック