2019年12月20日

売れ残った犬の引き取り屋

何度も何度も、主張していますが。
私は、犬猫の生体販売には、反対の立場です。

こんな記事を見つけました。
「商品」になれなかった犬猫たち 闇の犬猫「引き取り屋」

生体販売の何が、いけないの?
疑問をお持ちの方々に、是非とも、一読して頂きたいです。

生体販売賛成の立場の人は、こういうのも必要悪として、受け入れているんでしょ。
そのくらいの覚悟があった上で、「生体販売賛成」と、主張してるのよね。

過剰余剰を処分したからって。
「かわいそう」なんて、生ぬるい事、よもや、考えもしないわよね。
てか、考えては、いけません。

だって、処分しなきゃ。
今のような、便利な日本の生体販売市場は、成り立たないもの。

覚悟を決めてる人の意見は、尊重されるべきです。
賛成も共感も、しないけど。

物事には、色んな側面が、あります。
売れ残った犬猫の殺処分は、利益優先の経済活動的には、正解な行為なんです。

生体販売を受け入れながら、殺処分は、かわいそうがる。

そんな、ダブルスタンダードが。
反吐が出るような、綺麗事が。
私は、大嫌いなんです。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 21:10| Comment(0) | 捨て犬飼おうよワンコスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。