2020年01月10日

『スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け』 ほぼ寝てた

年始に観に行った、映画。
グッズ、これだけ買っちゃった。

200104.JPG

映画の感想。

ほぼほぼ、寝てました。
ので、内容が、分かりませんのです。

3Dで、2100円も払って、観たのですが。
3Dメガネが、重過ぎて。
耳が、痛くなりました。

その上、なんでなんだか。
3Dメガネをかけて観ると。
画面が、白く、ぼやけて見えました。

メガネを外して観ても、そこそこ綺麗に、見えるので。
時々、メガネ外して、観てました。
メガネの意味が、分からなかったです。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 20:25| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

2019年に映画館で観た映画

2月 『クリード2 炎の宿敵』
4月 『翔んで埼玉』 『キングダム』
6月 『劇場版パタリロ!』
9月 『マトリックス』
11月 『ターミネーター ニュー・フェイト』

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村



ラベル:映画館
posted by ちをみん at 22:10| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

『グエムル−漢江の怪物−』テンポがいい

展開が、スピーディー。
テンポが、いい。
もったいぶった前振りは、一切、無し。

いきなり、怪物登場。
謎も、ミステリーも、へったくれもない。
唐突に、その全容を現す。

韓国のファミリーは、熱い。

身内がさらわれたら、助けに行く。
理屈なんて無い。
家族だから。当然。

単純明快。
なんかいいな、そういうの。

ラストが、意外にハートウォーミング。

怪物にさらわれた娘が、同じく怪物にさらわれた男の子を、命がけで助ける。
その男の子を、娘の父親が、引き取る。

心が、暖かくなった。
救いのある結末で、良かった。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スマイルBEST::グエムルー漢江の怪物ー [ ソン・ガンホ ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2019/12/13時点)


posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

『ナイト・オン・ザ・プラネット』盲目の演技

千の仮面を持つ役者。

男は、オダギリジョー。
女は、ベアトリス・ダル。

勝手に、そう思ってます。

『ナイト・オン・ザ・プラネット』のベアトリス・ダルの演技には、ぶっ飛んだ。
盲目の女性の役。

日本では、ああいう演技は、できないんじゃないかな。
障害者蔑視だとか、イチャモンつけられそう。

ベアトリス・ダル扮する盲目の女性が、タクシーに乗る。
これが、大変に誇り高くて、とっても素敵。

私は目が見えないけれど、自分の事は、自分でできるのよ。
やれる事は、全て、自分でやるの。
私は、そんな自分に、誇りを持ってるの。

彼女は、強い信念を持つ女性。

盲目だから。可哀想だから。
タクシーの運転手が、料金を負けてあげようとする。

そこで、ベアトリス・ダルが、毅然と言う。

 馬鹿にしないで。
 目が見えなくても、ちゃんと距離は分かる。
 こんな安い値段のわけがない。
 もっと高いはずよ。
 正当な料金を、キチンと払うわ。


人間には、2種類いるんだな。

甘やかされて、特別扱いされた時。
もしくは、弱者として、優遇された時。

前者。
楽ができると、喜ぶ人間。
甘やかしのスポイルを、心地良く感じる人間。

後者。
尊厳を傷付けられたと、怒る人間。
見当違いの優しさは、本当の意味で自分の為にはならないと、危機感を持つ人間。

ベアトリス・ダルが演じる女性は、後者なんだ。

自分が、もしも、障碍者になったら。
こういう矜持で、生きていきたいです。

弱いから。ハンディがあるから。
そんな理由で。
特別扱いされて、甘やかされたくない。

健常者と、正当に公正に、扱って欲しいです。

そうしない限り。
障碍者と健常者は、対等になれないと思う。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナイト・オン・ザ・プラネット [ ウィノナ・ライダー ]
価格:1868円(税込、送料無料) (2019/12/10時点)


posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

『理由』子供にタカる親

原作は、宮部みゆき。

出演者が、やたらと豪華。
の割に、地味な映画。

犯人が、疑似家族を殺した理由。
小説では、描かれていたのに。
何故か、映画では、全く言及してない。

血の繋がった家族だって。
親にタカられたら、子供は、嫌になる。

家族ごっこしてる似非家族なら、尚更。
殺意も湧くってもんだ。

近代化とかマンションは、関係無いんじゃない。

占有屋してなくても。
いずれ犯人は、家族を殺すでしょ。

子供にタカる親は、子供に殺されても、文句言えない。
そういう教訓のお話だと、私は思う。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

『ブラックホークダウン』これって虐殺?

実話を基にした映画です。

ソマリア内戦を仲裁だか阻止だかに行ったアメリカ軍が、市街戦に巻き込まれる。
つーか、引き起こす。

なんで突然、RPG(ロール・プレイング・ゲーム)が、出てくるの?
と思ったら。
武器の名前なのね。

ロケットランチャーもしくは、グレネードランチャーもどきの、強烈な武器でしたわよ。

ソマリアの民兵が、持ってるんですがね。
あんなもん、ソマリアが独自に開発して、現地生産してるとは思えない。

軍需産業と武器商人、丸儲けって感じ。
内戦煽って殺し合いを続けさせてる限り、お高い武器でも、売れるもんね。

てか、殺し合いが無くなったら儲けられなくなる、が、正しいかしら。
エグいわね。

アメリカ兵の死者は、19人。
ソマリア人の死者は、1000人。

この差は、ちょっと、ひど過ぎない? 
これは、虐殺じゃないの?

死んだアメリカ兵の名前を出すのは、いいんだけどさ。
死んだソマリア人の名前も、出してよ。

アメリカ人もソマリア人も、同じ人間でしょ?
ソマリア人には、人権も人格も、無いんか?
無いの? あ、そう。
 
そう勘繰りたくなる、描き方でしたわ。

Black hawk is going down!
Black hawk is going down!

2回繰り返すところが、味噌ね。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

『地獄の黙示録』戦争はマッチポンプ

ワグナーの「ワルキューレの騎行」を流しながら、村を爆撃する兵士。
悪趣味だわ。

爆撃の感想が、言うに事欠いて。
「興奮します」。
ゲーム感覚。ふざけんな。

この映画に登場する、アメリカ兵の台詞。

「自分で怪我をさせておきながら。
 助けてやると手を差し伸べる。
 こんな偽善、うんざりだ」


うんうん。
私も、そう思う。

以下。
劇中に出てきた。
他の、琴線に触れた台詞。

誰にでも理性の限界はある。

戦場で殺人罪だって?
レース場でスピード違反を取り締まるのか?

奴は心が狂ってるんじゃない。
魂が狂ってるんだ。


にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

『ロング・キス・グッドナイト』CIAがテロの黒幕

自分の子供を、冷凍庫に閉じ込めて、殺そうとする。
とんでもない男が、登場します。
こんな奴、殺されて当然。

CIAがテロの黒幕、という恐ろしい設定。
あながち、完璧に妄想と言いきれないところが、怖い。

内戦で、軍需産業と武器商人、丸儲け。
同様の構図って、あると思う。

テロが無くなると、収入源が無くなって、困る人達。
殺戮が無くなって平和になると、おまんまの食い上げ(古い)。
って人種が、いるんだわ。

ジーナ・デイビスは、『テルマ&ルイーズ』では、気弱な主婦を演じてました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テルマ&ルイーズ【Blu-ray】 [ スーザン・サランドン ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2019/11/19時点)



どっちの役も、ハマってる。
沢尻エリカ並みの、凄い才能の女優さんだと思います。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロング・キス・グッドナイト [ ジーナ・デイヴィス ]
価格:880円(税込、送料無料) (2019/11/19時点)


posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

『フルメタル・ジャケット』女子供でも殺す

スタンリー・キューブリック監督。
ベトナム戦線での、アメリカ兵士の会話。

「女子供も殺すのか?」
「時々な」
「よく女子供が殺せるな」
「簡単さ。動きがトロいからな」

「意義のある死だって? 考えてものを言え。ただの殺しさ」


正義だナンだと、理屈付けたって。
現実は、こんなもんでしょ。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

『シャクルトン 南極海からの脱出』

『エンデュアランス号漂流』を読んで、甚(いた)く感動した。



なので、映画を観てみた。

南極横断中の探検隊が、氷の海に阻まれる。
氷に閉じ込められ、船が座礁。
船を捨て、3艘のボートを担いで、生還を目指す。

帆船で南極横断を目論む無謀さに、ビックリ。
100年前だもんなぁ。

今は、破砕船で分厚い氷もバリバリ砕きながら、進むらしい。
技術の進歩は、素晴らしい。

この探検隊の隊長、シャクルトン。
彼の素晴らしいところは、とにもかくにも人命尊重を第一に行動するところ。

「人命尊重」と口で言うのは、簡単だけどさ。
極限状況で、この主義を貫くのは、超絶に難しい。

弱い者を犠牲にして、強い者だけ確実に生き延びる戦略を取った方が、簡単で効率いいもん。
そうしたからって、誰も責めないし。

シャクルトンの強い信念が、奇跡の全員生還を実現する。

愛人いるのが発覚したけど、許す。
こんないい男には、女が寄って来て当然。

この台詞に、痺れました。
「誰も死なせない。全員で生きて帰るんだ」

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする