2019年12月20日

売れ残った犬の引き取り屋

何度も何度も、主張していますが。
私は、犬猫の生体販売には、反対の立場です。

こんな記事を見つけました。
「商品」になれなかった犬猫たち 闇の犬猫「引き取り屋」

生体販売の何が、いけないの?
疑問をお持ちの方々に、是非とも、一読して頂きたいです。

生体販売賛成の立場の人は、こういうのも必要悪として、受け入れているんでしょ。
そのくらいの覚悟があった上で、「生体販売賛成」と、主張してるのよね。

過剰余剰を処分したからって。
「かわいそう」なんて、生ぬるい事、よもや、考えもしないわよね。
てか、考えては、いけません。

だって、処分しなきゃ。
今のような、便利な日本の生体販売市場は、成り立たないもの。

覚悟を決めてる人の意見は、尊重されるべきです。
賛成も共感も、しないけど。

物事には、色んな側面が、あります。
売れ残った犬猫の殺処分は、利益優先の経済活動的には、正解な行為なんです。

生体販売を受け入れながら、殺処分は、かわいそうがる。

そんな、ダブルスタンダードが。
反吐が出るような、綺麗事が。
私は、大嫌いなんです。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 21:10| Comment(0) | 捨て犬飼おうよワンコスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

ど雑種人生92 bed in bed

犬ベッドの敷地内に、猫ベッドを置いてみました。

191126dog&cat.JPG

雉寅ちゃん 「ど雑種犬は、どうしてペットショップで売ってないのミャ?」
ど雑種犬  「売れないからだワン」
雉寅ちゃん 「どうして売れないのミャ?」
ど雑種犬  「需要が無いからだワン」
雉寅ちゃん 「どうして需要が無いのミャ?」
ど雑種犬  「知らないワン」

数日前にも、書きましたが。
とっても大事な事なので、10回でも20回でも、繰り返します。

ペットショップ、ブリーダー、女衒(ぜげん)、人買い、奴隷商人、武器商人。
こういう類の人達は、経済活動としては、正しい行為をしています。

需要あるところに、供給あり。
悪貨は、良貨を駆逐する。

経済的には、正しくても。
情緒的人情的には、正しいのか?
その判断は、買う人が、するべきだわねぇ。

奴隷、武器、幼児、女、犬猫。
買う人達は、こう主張するんでしょ。

必要だから、買う。
そして、売買のシステムが、出来上がっている。
存在するシステムを利用して、何が悪い?

うーん、何が、悪いのか。
私も、よく、わからないです。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 20:29| Comment(0) | 捨て犬飼おうよワンコスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

ど雑種人生91 てんとう虫

なんだか、くたびれ果てて。
お婆さん感満載な、ど雑種犬。

191020a.JPG

赤い矢印の先にある、赤い点。
ボタンでは、ありません。
てんとう虫です。

ふと、気が付いたら。
てんとう虫が、止まっていました。

てんとう虫って、縁起のいい虫なんですよね。
預かっている保護犬の里親さんが、早く見付かりますように。
それから、年間5万匹もある日本の犬猫の殺処分が、早く無くなりますように。

てんとう虫さんに、お願いしておきました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | 捨て犬飼おうよワンコスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

ペットライフポッター

こちらで紹介した、生体販売をしないペットショップ。
「生体販売をしないペットショップ」

ペットグッズショップは、必要だけど。
生体販売は、要らない!
そういうペットショップが、いずれ出来る。

一日千秋の思いで、待ち焦がれていた。
やっとやっと。
私が理想とする未来に、一歩、近付いた。

震えるくらい、感動したわ。
大袈裟でなく。
本当に、ちょっと、涙が零(こぼ)れた、クスン。

早速、こちらのお店で、買い物してみました。
届いた商品には、こんなリーフレットが、同封されてきました。

191017.JPG

この文言が、素晴らし過ぎる。
真理を突いている。
沢山の人に、伝えたい。

なので、一言一句、そのまま書き写します。
赤字で。太字で。

毎年5万頭近い殺処分があるのに、ペットショップには毎日新しい命がやってくる。これって何処かおかしくないですか?
そんなあたり前の疑問に、私達は向き合ってみました。


私も、向き合いたいです。
自称愛犬家の方々にも、是非とも、向き合って頂きたいです。

ついでに言うと。
生体販売してるペットショップとブリーダーには、最優先で、向き合って欲しいです。

イオンのペットショップとか、ペットのコジマとか。
膨大な数の生体を扱って、大儲けしている(であろう)。
大手のペットショップには、当然の責任として、向き合って頂きたい。

ま、無理だろうけど。
不可能だろうけど。

そんな美しい、お花畑な幻想を持っていたら。
資本主義社会のえげつない現実には、向き合えまっせん。

ちなみに、こちらのお店で、↓を買いました。





にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 13:23| Comment(0) | 捨て犬飼おうよワンコスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

生体販売をしないペットショップ

生体販売をしない。
尚且つ、捨て犬の保護活動に協力している、ペットショップ。
素晴らしい!





これからは、こういうペットショップが、主流になって欲しいです。

生体をケースに入れて売っている、ペットショップ。
それって、女郎を格子越しに、見世物状態で売ってた、遊郭と一緒。

感情も知性もある生き物を、物として扱う、非情で残酷なお店。
そういう薄暗い薄気味悪いイメージで、見られる。
そんな進化した世界に、早くなりますように。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

posted by ちをみん at 13:29| Comment(0) | 捨て犬飼おうよワンコスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

ど雑種人生90 おねむな二匹

犬用ベッドで、一緒にネムネムする。
ど雑種犬と雉寅ちゃん。

190317a.JPG

雉寅ちゃん 「沖縄姐さん(琉球MIXちゃん)と仲良くなりたいミャ」

190317b.JPG

ど雑種犬 「沖縄小娘(琉球MIXちゃん)とは関わりたくないワン」

ど雑種犬が、琉球MIXちゃんと関わりたくない理由。
「捨て琉球MIX預り日誌26 惨劇」

琉球MIXちゃんが、我が家に来た経緯。
「捨て琉球MIX預り日誌2 沖縄脱出」
「捨て琉球MIX預り日誌3 沖縄脱出の補足」
「捨て琉球MIX預り日誌8 犬の殺処分数@沖縄」

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | 捨て犬飼おうよワンコスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

殺処分される犬猫の為に誰でもできる事

殺処分される犬猫が、かわいそう。

でも、飼ったり預かったりは、できない。
寄付も、抵抗ある。
「寄付する際の注意点」

そんな人でも、できる事があります。

これから、犬猫を飼おうとしている友達や知り合いがいたら、話して下さい。

日本って、殺処分される犬猫が、凄く多いんだって。
そういう犬猫の譲渡活動をしている団体が、あるんだよ。
自治体でも、捨て犬の里親募集をしてるんだよ。

ちょっとだけ、調べてみてから、犬猫を買えば?

サラッとチラッと。
話題に出すだけで、いいんです。
ゴリ押しする必要は、全くありません。

人間の身勝手で殺される犬猫が、年間数万匹も存在すると知って。
それでも、供給源のペットショップやブリーダーで、犬猫を買うか。

一匹くらいなら、助けてあげられる。
無駄に殺される犬猫を救える。
そう考えて、捨て犬猫を引き取るか。

どちらを選ぶかは、個人の自由。
そんなの、価値観の問題。
他人が、どうこうできるこっちゃない。

幸せに生きてる人なら、自然と社会に恩返しがしたくなる。
できる事は、やろうとする。

不幸に生きてる人は、社会を恨んで、社会に復讐しようとする。

自分は、どちらの人間なのか。
胸に手を当てて、よーく考えてみて下さい。

どちらが、いいとか悪いとか。
正しいとか、間違いだとか。
そういう問題では、ありません。

不幸になるのは、その人個人だけのせいではないもん。

多少なりとも、幸せや豊かさを感じられる人生を、送っているなら。
社会に何かを還元する義務が、あるのではないでしょうか。

いや、義務というほどのものでは、ないな。
ボランティアって、義務でやるもんじゃないから。

上手く言い表せないけど。
自分の分が、足りたら。
人にちょっと、何かを分ける。

そうやって、無理せず、強制されず。
自発的な行動で、社会を良くする事に貢献できたら、素敵だなぁ。
私は、そう思います。

ほんのちょっと。
本当に、ちょっとだけ。
「伝える」だけで、いいんです。

「犬猫を買う前に、犬猫の殺処分について、少しだけ調べてみて」。

それなら、誰でも。
犬猫嫌いな人でも、できるでしょ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬飼おうよワンコスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

捨て犬救助はひっそりと

ペットショップやブリーダーは、大々的に宣伝します。

可愛い子犬、産まれました!
まだまだ続々、産まれてまーす★
格安で、お譲りしまーす☆
等々。

あー、反吐が出る。

とと。
どす黒い本音が、滲み出てしまったわ。
聞か(読ま?)なかった事にして。

ペットショップやブリーダーの派手な宣伝の対極のように。
動物愛護団体は、派手な宣伝は、致しません。

まあ、そりゃそーだ。
動物愛護団体は、非営利団体ですから。
てゆー側面は、勿論、ありますけれども。

大々的に知られると、犬捨てに来る馬鹿が、大量発生しちゃうから。
犬のシェルターがある団体でも、所在地や連絡先を、大っぴらにはしてない所が、多いです。

テレビで、「ここで捨て犬助けてまーす」と、報道されると。
里親希望者は、「一時的に」「一瞬だけ」、増えます。

でもでも、それ以上に。
犬を捨てに来る馬鹿も、押し寄せちゃうんです。

善意の人だけが、観てるわけでは、ないからね。
善意の人以上に、悪意の人が、存在する。

テレビの影響力って、凄いからね。
良くも、悪くも。

捨て犬の保護活動を全国的に知られるのは、両刀の刃。
そんなトホホな現実も、あるんですのよ。

物事には全て、表と裏の面が、在る。
プラスのいい影響だけある、なんて都合のいい事は、有り得ないんですよ。
テレビは、いい面しか、報道しないけれども。

残念ながら、それが、残酷な現実です。

いい事してるのに、ひっそりこっそりなんて。
全く、釈然としない話だわ。
ほんにこの世は、神も仏も、無いぜよ。

捨て犬を飼いたい! と画策しても。
そうそう簡単に、捨て犬なんて、出て来ない。
くらいの社会になるといいなぁ。

個人的には、切実に切実に、願います。
てか、妄想してます。

160521b.JPG

ど雑種犬 「拾う人より捨てる人が多い限り、殺処分は無くならないんだワン」

そういう単純な引き算が、出来ない人間。
とっても多いんだわ。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬飼おうよワンコスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

ど雑種犬はドリームボックスで殺される

ど雑種犬の「ど」は、ど真ん中の「ど」。
ど雑種犬の「ど」は、ど根性の「ど」。
ど雑種犬の「ど」は、ど田舎の「ど」。

て、そんなことは、どーでもいい。

ど雑種犬は、売り物にならない。
故に、ペットショップやブリーダーで、売ってません。

需要あるところに、供給あり。
需要なければ、供給なし。

ど雑種犬は、捨てられて、里親が、現れなければ。
ドリームボックスでの殺処分に、一直線。

ドリームボックスって、何かって?
犬猫を殺す、ガス室の呼び名ですわよ。
随分とメルヘンな、ふざけた名称で、呼ぶもんだわよねぇ。

個人的には、Kill Boxって言って欲しいわ。
もしくは、殺戮箱。

150516


ど雑種犬 「ドリームボックスに入れられたら、死ぬんだワン。全然ドリームじゃないんだワン」

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬飼おうよワンコスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

バタシー・ドッグス・ホーム

イギリスに、1860年に設立された名門動物愛護団体が、あります。
その名は、バタシー・ドッグス・ホーム。

こちらで分かり易く、日本語で説明してあります。
バタシー・ドッグス・ホームとは
http://www.jhpa.net/bdh.html

本家サイトは、こちら。
Battersea Dogs & Cat Home
http://www.battersea.org.uk/

そこは、里親の審査が、とっても厳しいので有名。
本物の愛犬家達にとって、そこから犬を譲渡されるのは、大変な名誉なんだそうです。

そこの団体から、犬を譲り受ける。
イコール厳しい審査をパスできる、きちんとした人間、という証明になるほど。

日本で、そこまで審査を厳しくするのは、無理。

厳しい審査にパスできた事を、名誉に思う人より。
プライバシーの侵害だとか、なんだとか。
文句つける人の方が、きっと多いよ。

元々イギリスの本物のセレブの間では、「大金を払って犬を買うのは、成金趣味でお上品ではない行為」という認識が、あるんだって。
動物愛護団体から犬を譲り受けて飼う方が、ステイタスが上、と見なされてるそうな。

日本とは、真逆だね。

やっぱ、日本に比べて。
格段に捨て犬の数が、少ないからこそ。
こういう事が、出来るんだろうなぁ。

日本で、そこまで里親の審査を厳しくしたら。
ひと月に1匹くらいしか、譲渡が決まらなさそう。

殺処分される犬は、年に数万匹、存在するのに。
譲渡が決まって、命を繋ぐ犬は、たったの2割です。
あとの8割は、サクッと殺処分。

どんだけ、譲渡活動を頑張っても。
正に、焼け石に水。
頑張る気力も無くなるわ、正直な話。

かてて加えて。
日本は、自然災害大国。
地震や水害や原発事故により、行き場を無くす犬も、定期的に大量発生。

その間にも、ブリーダーは、ガンガン繁殖させる。
ペットショップは、売って売って売りまくる。

日本で、殺処分ゼロを本気で目指して、活動するのって。
出口の見えない茨の道を、亀より遅い蝸牛(カタツムリ)のスピードで、ジリジリ進む。
個人的には、そんなイメージです。

1510cafe2.JPG

アタチと一緒に捨てられてた、もう一匹のお兄ちゃんは、煙草の火で火傷させられてたんだワン。

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


posted by ちをみん at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 捨て犬飼おうよワンコスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする